World Traveling Man

「自分が気になったこと=どこかの誰かも気になったこと」 気になるトピックを調べてあたなに共有します!

未分類

【海外】シンガポール、着々とビジネス渡航客を受け入れ準備中

投稿日:

スポンサーリンク

みなさんこんにちは、マサです。

みなさんは最後に海外に行ったのはいつですか?プライベートでも、ビジネスでも2020年に入ってから海外へ渡航したことがある方はとっても少ないんじゃないかなぁと思います。

私マサは2020年に入ってから一度だけ、2月にシンガポールにプライベートで観光旅行に行ってきました。その頃は既に世界中で新型コロナウィルスが広がり始めていて、日本はもちろんシンガポールでも広がっていました。

その頃はまだ渡航制限などは開始されておらず、自由に渡航はできましたが、もちろんマスクや消毒液を持って行きました。その時は成田空港からJALで行ったのですが、空港内も機内でも新型コロナウィルス対策はしっかりされていました。でも、驚いたのはシンガポール国内での対策です。オフィスビルではエントランスで必ずスタッフが一人一人検温をしていたり、街のあちこちで感染に対する注意喚起文が掲示されていたり、オーロラビジョンでも同様の内容を呼び掛けていました。日本よりもシンガポールの方が新型コロナウィルスに対する意識が国レベルで高そうだなと肌で感じました。

そして、それから約10か月が過ぎて12月、シンガポールはまずビジネス客を受け入れる準備を進めているようです。前フリが長くなりましたが、今のシンガポールの動きをご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

シンガポール航空、2021年1月から羽田~シンガポール線運航再開

新型コロナウィルスの影響で、各国の航空会社はフライトを減便もしくは運休をしています。しかし、一部では少しずつ運航を再開させる動きが出てきています。今回ご紹介するシンガポール航空は、2020年12月21日時点では、東京~シンガポール区間は下記一便のみの運航です。

SQ637 成田10:10 ⇒ シンガポール17:00
SQ638 シンガポール00:55 ⇒ 成田08:30

東京発の場合、かつては成田だけでなく羽田からも、シンガポール航空だけで複数便が運航していたのですが、現在は成田発着一便のみです。それが、2021年1月18日から羽田⇔シンガポール便が復活することになりました!

SQ633 羽田16:40 ⇒ シンガポール23:20
SQ632 シンガポール08:05 ⇒ 羽田15:35

これによって、成田、関西、中部、福岡に加えて羽田がシンガポール航空の路線として復活し、日本⇔シンガポール間は週25便が運航される予定です。シンガポールは観光だけでなくビジネスの拠点としても重要な都市で、需要を見ながらまずはビジネス客を取り込んでいこうということでしょうか。

ビジネス渡航者向けに隔離不要の施設”Connect@Changi”を開設

現在、多くの国で、入国後に数日間の隔離が必要とされています。ビジネス客としては、この数日間ってとてつもない時間のロスですよね。1~2日程度で済む業務で渡航したとしても、その目的を達成させる前にプラスアルファで数日間隔離されてしまうわけなので。

そういった時間的ロスを無くすため、シンガポール政府はとても興味深い施設を作ることになりました。その名は「Connect@Changi」です。

Connect@Changiとは

端的に説明すると、海外からシンガポールへ来たビジネス客はこの施設へ無隔離で訪問することができます。そして、シンガポール在住者がここに来て、会議をする、ということです。無隔離で訪問する海外からのビジネス客と、シンガポール側のビジネスパートナーをConnect=結びつける施設がChangi空港(=シンガポールの空港)の近くに立ち上げる、という計画。

この施設には会議室や宿泊施設が設けられるそうで、食事なども感染対策に則って提供される予定とのこと。無隔離で訪問できるとはいっても、もちろん滞在前や滞在中、そして帰国前に新型コロナウィルスの検査を受ける必要が実施されます。

スポンサーリンク

まとめ


本当にいつも思うのですが、シンガポールは発想が柔軟かつ豊かだなぁと感心させられます。小さな国で、資源も少ないと思うのですが、海外から金融機関を誘致して世界屈指の経済都市に成長させたりと、工夫をして発展しているなぁと思います。実際、シンガポールに行くと、いつもエネルギーを感じて圧倒されます。

Connect@Changiのような施設を作るという発想、そして時代への適応の速さは本当に素晴らしい。近い将来、観光客向けの措置が何かしらのかたちで実現するといいですね。それ以上に、新型コロナウィルスが終息する、もしくはワクチンなどで克服する、という日が来ることを切に願っています。

最後まで読んでくださってありがとうございました!
また次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク

-未分類
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

imperial_hotel

【ホテルに住む】即完売した帝国ホテル サービスアパートのサブスク金額は?【丸山穂高議員が利用で話題】

更新日:2021年02月05日 こんにちは、マサです。 現在は停止していますが、GoToトラベルが適用されていた時期は高級ホテルの予約が伸びていたそうです。 普段は高額で手の届かないホテルがGoToト …

no image

2021年 新年のご挨拶

みなさん、明けましておめでとうございます、マサです。昨年は当ブログをご愛読いただき誠にありがとうございました。本年もどうぞご愛顧のほどよろしくお願いいたします。2020年は本当に本当に大変な一年でした …

【国内】リッツ・カールトン東京宿泊記③ <総評編>

みなさんこんにちは、マサです。数日前に、所用で秩父に行ってきたんです。秩父に行くのは何年振りだろうって感じだったのですが、幸い天気に恵まれて秋の良い気候の中、車で向かいました。(残念ながら観光ではない …

【情報】高級ホテルにお得に宿泊する方法!

みなさんこんにちは、マサです。突然ですが、みなさんは旅行するときにどんな宿に泊まりますか?国内旅行であれば、民宿、旅館、ホテル、最近は民泊なんていうのも選択肢になってますね。海外だったら、ホテル、ホス …

【国内】リッツ・カールトン東京宿泊記②

みなさんこんにちは、マサです。本日は前回に引き続き、東京は六本木にあるリッツ・カールトン東京のクラブフロアに宿泊した際のレビューを投稿したいと思います。前回は主に部屋のご紹介でしたが、今回は宿泊の目的 …

名前:マサ
職業:東京都内の、ごくごく普通のサラリーマン

皆さんは何かこれから新しいことを始めようとしたり、疑問に思ったことをインターネットで検索されると思います。私ももちろんそうです!

当ブログでは、自分の経験を通じて失敗したことや成功したこと、自分が気になって調べたものを、できる限り深掘りしてご紹介していきます。ジャンル問わず記事を書くので、その中にはきっと皆さんの困りごと解決のお手伝いになるものがあると思います!

皆さんのお役に立てたら嬉しいです!